KTY3フロータント 容器に一時的変更のご案内

KTYフロータント(KTY3、KYT1など)は軽量で耐久性のある特殊なバリア素材の容器(ボトル)を採用しています。
しかし、製造元の商社で素材が廃盤になってしまい、製造できなくなりました。

ユーザー様からお送り頂く、使用済みボトルの再利用もついに底をつき、いよいよ製品が製造できなくなりました。
よって、8月から今シーズンいっぱいはガラス瓶にて対応させて頂きます事、ご了承下さい。

KTY製品は出来るだけ環境に対してローインパクトを心掛けていますので、新しくなる予定の容器もリユース(再利用)出来るよう現在製造企画しています。

もうしばらくお待ちくださいますよう、宜しくお願い致します。


写真左がガラス瓶タイプ、右が今までのタイプです。

今回特別に容量を10%増量のサービスをしています。